自分だけのオリジナル着物・友禅 ~パーソナルオーダー~

あなたの好みに合わせてつくるあなたにぴったりな、世界で一つだけのお着物を。
『着物は高いから』『初心者には難しい』など思っていらっしゃるかもしれません。しかし、「ずいこ」では、"もっと気楽に京友禅を楽しんでもらいたい"、という想いから、問屋等を通さず、直接京都の工房と一緒につくることで、お求めやすい価格に。
あなたの好みに合わせた、あなただけのオリジナル着物をお仕立てしていますので、ぜひ、お気軽にご相談ください。 手描き友禅作家の中村穂湖が、あなたにあった色・柄・デザインで、一つひとつ、丹念な手作業で染め上げます。
店舗案内
「ずいこ」オーダー手描き着物
小紋
150,000円~
附下
200,000円~
訪問着
270,000円~
振袖
290,000円~
名古屋帯
90,000円~

※全て仕立て付の価格です。(税抜き)

 

オリジナルの手描き着物ができるまで「ずいこ」のパーソナルオーダーの流れ

お打合せからオリジナル着物が完成するまでの一般的な流れをご紹介します。

1 ずいこでのお打合せ・採寸<1~2回>

ずいこでのお打合せ・採寸
まずは、じっくりご相談を
お好みやご希望をしっかりおうかがいし、どんな柄にするかを一緒に考え、紙に下絵を描きデザインを決めていきます。
地色は、色見本でお好みやお顔映りを確かめて決定。生地も、光沢のあるもの、地紋のあるものなど、お選びいただけます。
また、お客さまの体型に合わせて、絵付け・仕立てをしていくため、採寸も行います。
手描き友禅作家「中村穂湖」プロフィール
草稿
実物大の紙に描いた図案。
草稿
柄見本
いろいろな柄でイメージを。
柄見本
色見本
お好みやお顔映りを見て決定。
色見本

※クリックすると拡大写真をご確認いただけます。

下へ

2 京都で生地の地色を染めます。<約2週間>

柄部分の白生地を残して染色
京都のずいこ制作スタッフの手により、柄を入れる部分だけ白生地を残すように、生地全体を染めます。
  • ・白生地を仕入れる
  • ・白生地に草稿どおりに青花で下描きをする。
  • ・柄の輪郭となる糸目に糊を置いていく。
  • ・糊伏せをする。
  • ・引き染めによって地色を染める。
  • ・地色定着のため蒸し、糊を落とすため水洗いする。
京都で生地の地色を染めます。
下へ

3 中村穂湖が柄に挿友禅(彩色)をします。<約3週間>

中村穂湖が柄に挿友禅(彩色)をします。
調合した染料で、色付けを
広島に戻ってきた生地の柄をどんな色で染めていくか考え、調合した染料で、色をつけていきます。訪問着一着で約30~40くらいの色を使用します。

「ずいこ」で配色を確認
色付けの途中、お客さまにも現物の色をご確認いただきます。
下へ

4 再び京都へ。蒸して洗います。<約2週間>

彩色した柄を定着させます
彩色した染料を定着させるため、100℃くらいの熱さで30~100分(ものによって異なる)蒸します。また、糸目ゴムを落とすために、揮発水染を。これらの工程を経ることで、色が定着し、鮮やかになります。
下へ

5 「ずいこ」で完成した反物をご確認いただき、お客さまの 寸法にあわせてお仕立てをいたします。<約1ヶ月>

下へ

5 完成<お打合せから完成まで約3ヶ月~>

完成
お客さまのお手元へ
世界でたった一つのお客さまだけの着物の制作は、全工程、約3ヶ月で終了。(混雑などにより多少変わることがあります)
一つひとつの作業を丁寧にさせていただくため、お待たせいたしますが、出来上がりにきっとご満足いただける着物をお仕立ていたします。
お気軽にご相談ください。
〒730-0806 広島市中区西十日市町2-15
TEL・FAX : 082-232-1760
営業時間: 10:00~18:00
定休日 : 水曜日
アクセス
広電の十日市町電停から徒歩3分

このページのトップへ