コンセプト・中村穂湖プロフィール

日本の伝統美、着物をもっと気軽に日常のファッションとして楽しんでもらいたい。「ずいこ」は、たくさんのかたに"京友禅の美しさを知っていただき、伝統工芸の枠にとらわれず、気楽に着ていただける商品や環境を創りたい!"という、手描き友禅作家の中村穂湖の想いが詰まった、ショップ兼工房です。
着物のある暮らしを楽しんでいただけるように、中村穂湖自身が、若いころに感じていた呉服店に対する「高級感」「入りにくさ」といったイメージを払拭するため、着物から小物類まで、確かな品物をお求めやすい価格で提供を。また、着物初心者の方から着物をこよなく愛する方々まで、気軽に立ち寄れるお店づくりを心掛けています。
中村穂湖パーソナルオーダー着物

[着物]中村穂湖が一筆一筆、丁寧に描く京友禅を中心とした厳選着物。[友禅]手描き友禅作家「中村穂湖」パーソナルオーダー [小物(帯・和小物など)]職人やメーカーから直接入荷。手に入りにくい小物もいろいろ。[コラボレーション]ずいこと一緒に、暮らしの中で日本の伝統美を楽しめる品々を。[WORK SHOP(教室・イベント)]着付けや手作り教室、作家さんの作品展などを定期的に開催。 着物 小物 WORK SHOP 友禅 パーソナルオーダー

手描き友禅作家 中村穂湖
こんにちは 中村穂湖です。私は、約20年にわたり着物の染色を手掛けております。
これまでも、これからも、
「伝統ある京友禅の技を現代の生活の中で花咲かせたい。着物を着る喜びをみなさまに知ってもらいたい」
そんな願を込めて、一筆一筆丁寧に染め上げてまいります。
中村穂湖
プロフィール
1963年
京都市に生まれる
演劇を志し上京するが、27才の時、染色に目覚め京都に戻る
1990年
友禅師「国分直敏氏」に師事
1997年
独立 京都市内に工房を構える
2002年
京都友禅組合大会 理事長賞 受賞
2009年
結婚を機に 広島に移住
「ずいこ」開店
中村穂湖が描く日本のこころ

手描き京友禅のデザイン・彩色を手がける、京友禅作家の中村穂湖(なかむらずいこ)。その作風は、古典柄を生かしつつも、可憐でモダンな絵柄を採り入れたもので、着物の美しさを引き立たせています。
また、型友禅よりも、作家の手で一つひとつつくり上げる手描き友禅を選び、生地をキャンパスに一筆一筆、まごころ込めて色を挿し、日本のこころを描き続けています。

お気軽にご相談ください。
〒730-0806 広島市中区西十日市町2-15
TEL・FAX : 082-232-1760
営業時間: 10:00~18:00
定休日 : 水曜日
アクセス
広電の十日市町電停から徒歩3分

このページのトップへ